ダイエットで人気のお茶のまとめ

ダイエットで人気のお茶はいろいろあります。それぞれ特徴がありますので、中性脂肪を落としたいとか、むくみを取りたいとか、便秘を解消して下腹のぽっこりを解消したいなど、目的に合わせて試してみてください。

プーアル茶

プーアル茶は、中国を代表するお茶ですが、その中でも2回醗酵される「後醗酵」という製法で作られているため、体にはとても優しい仕上がりのお茶です。

そのうえプーアル茶は、中性脂肪を燃焼しやすくする“リパーゼ”という酵素を増やす働きを持っていますので、ダイエットにも効果的だといわれています。

そして、プーアル茶の中に入っている成分である“没食子酸”と“カテキン”が、脂肪の消化・吸収されるのを防ぐ働きをしますので、こちらもダイエットにとても有効的です。

このようにプーアル茶は、蓄積された中性脂肪を燃やしたり、脂肪が吸収されるのを防ぐ作用を持っており、これがダイエットにとても効果を発揮します。

またプーアル茶はその他にも、便秘解消効果や、腸内環境を整え体の新陳代謝をアップさせる働きもあることが確認されています。便秘が解消されれば、ダイエット効果は上がりますので、プーアル茶を飲んで便秘を改善するようにするとよいでしょう。

しかもプーアル茶は“カロリー0”ですから、いつもジュースや砂糖たっぷりのコーヒーや紅茶を常時飲まれるような方は、飲み物をプーアル茶に変えるだけで、立派なダイエットになりますよ。

プーアル茶は、体にとてもいい作用をもたらす素晴らしいお茶です。その証拠に中国の人が、いくら中華料理のような脂っこい食べ物を食べても太っている人が少ないのは、このプーアル茶を常習的に飲んでいるから、という報告もあるくらいです。

同じ飲むなら、ダイエット効果も期待できるプーアル茶を飲むことをオススメします。

碁石茶

“碁石茶”は、あまり聞き慣れないお茶ですが、ダイエットに効果的だということで、最近注目を集めているお茶です。

碁石茶はもともと中国で作られていた、酸茶というお茶がルーツになっているといわれていて、現在日本では高知県の山深い地域である大豊町のみで作られているお茶で、奇跡のお茶ともいわれています。

なぜこのお茶が“碁石茶”と呼ばれているのかというと、醗酵させて固められたお茶が“碁石”に似て見えることから、この名前がついています。碁石茶は100%醗酵させて、その後ギュッギュッっと押し固めてられていくため、とても固い茶葉のかたまりになります。

そして、碁石茶の効果や効能ですが、碁石茶は、数多くの酵素や乳酸菌を含んでいるためとても体に良い働きかけをするお茶で、新陳代謝促進、便秘改善、などに多大な効果があるといわれます。

また碁石茶に入っている乳酸菌の働きで、腸内環境が良好になり、カテキンの作用で抗酸化機能の強化にもつながるといわれています。

味は心持ち、甘酸っぱい感じで、おいしいと好評です。また味が多少、甘酸っぱいということで、好みにより砂糖やハチミツ、シロップなどを入れて紅茶のようにして飲んでも飲みやすいので、どなたでも美味しく飲むことができます。

碁石中は飲み続けることで、生活習慣病である糖尿病などにも効果を発揮して、中性脂肪数値の改善などにもとても役立つといわれています。ふだんの食事のおともに、碁石茶を飲む習慣をつけるとよさそうですね。

黒豆茶

黒豆茶はダイエットや肥満予防に効果があるといわれていて、近年、とても人気のあるお茶になっています。

黒豆茶の中に含まれているサポニンが、腸内で吸収されたブドウ糖が脂肪に変化するのを抑制し、脂肪の代謝を促してくれますので、肥満予防につなげることができます。

また黒豆茶には、アントシアニンという成分が多く含まれており、これは体の中に溜まった余計な脂肪を排出する働きを持っていますので、こちらは高いダイエット効果を期待することができます。

そしてアントシアニンには、余分な脂肪を排出するだけでなく、酵素を除去して血液をサラサラにしてくれる効能や、皮膚のコラーゲンを結束させる働きも持つため、肌荒れを防いで美肌を保ってくれます。

また他の効能として、黒豆茶に入っているイソフラボンが骨粗鬆症を予防したり、シミやシワの原因となる活性酸素を減少させるためアンチエイジング効果も期待できます。

特に、チロシナーゼというシミの原因になる酵素の働きを抑える効果に長けていますので、シミ改善やシミ抑制には高い効果を得られるといわれています。

黒豆茶は、髪が抜けるのを防ぐ効果や、眼精疲労・視力改善に大きな力を発揮するといわれています。

黒豆茶の原料の元となるのは、大豆です。そしてその大豆の成分が、肥満予防やダイエットによく効いて、人間の体に良い作用を与えます。黒豆茶は、味も風味もよいので飲みやすいということもあり、只今人気急上昇中のダイエット茶です。

杜仲茶

杜仲茶は、日本ではあまり知られていませんが、中国では五大漢方薬の一つとして数えられるほど、珍重されているお茶です。

どうして杜仲茶が珍重されるほどの珍しいお茶なのかというと、人体にありとあらゆる好影響を与えてくれるお茶だからです。ですから杜仲茶は「上薬」と、呼ばれるほど、おても大事にされているお茶なんですよ。

杜仲茶には、鉄、亜鉛、カルシウム、カリウム、マグネシウム、ビタミン類、各種ミネラル類がバランスよく含まれています。その種類は、他のお茶には類を見ないほどの種類の多さなので、効果や効能も高いのです。

また最近の研究で、カルカロイド、ディリグナン、ペクチン、ピノジェノール・ダイグルコサイド、ゲンポシド酸など、ほかのお茶には含まれていない健康によいとされる貴重な成分が数多く含まれていることも分かってきています。

そして杜仲茶の効用は、本当にたくさんあります。

コレステロール吸収を抑制するダイエット効果や、筋肉の緊張を緩和させ血管を拡げて高血圧を予防する効果、血の巡りをよくする効果や鎮静作用、肝臓・腎臓の働きをサポートするデトックス効果など、杜仲茶の好影響な効能は多岐に渡ります。杜仲茶を飲むだけで、健康な体がとても身近になります。

このように杜仲茶は人間の体にとって、とても良い成分が入っているため、漢方薬の一つと数えられ、珍重されているのです。また、お茶なのに、「薬」と言われるゆえんです。そして「薬」と呼ばれるくらいですから、その効果の高さがうかがえますね。

なた豆茶

肥満やダイエットが気になる方には、“なた豆茶”というお茶がオススメです。

なた豆茶は、近年の健康志向ブームで世間一般で知られるようになりましたが、中国では古くから漢方薬にも使われるなど、とてもメジャーなお茶として重宝されています。

なぜ“なた豆茶”がダイエットや肥満に良いのかというと、なた豆茶には、鉄分、ミネラル、ビタミン類、ポリフェノール、食物繊維などよく耳にする成分の他にも、カナバニン、コンカナバリンAなどといったダイエットにとても有効的に働く成分が含まれているからです。

なた豆茶を飲むことで、これらのダイエット向きな優れた成分が体中に行き渡り、体の色々な不具合を整えていってくれます。

なた豆茶は、なた豆を原料としていますが、これは免疫異常を正常な状態に戻してくれる作用も持っています。ですからなた豆茶は、体の免疫機能を高めて代謝をアップさせるので、ダイエットに非常に効果的だということができます。

また、なた豆茶の効能として代表的なものが「歯」に関係するものです。歯周病予防、口臭改善といったお口のトラブルにも効果が高いことで知られています。

他には、痔、蓄膿症、ニキビ、吹き出物、慢性腎臓病、関節痛、アトピー性皮膚炎、花粉症改善など様々な効能を持っています。

なた豆茶はただのお茶ですが、このようにすばらしい効用を持っている優れたお茶です。飲むだけで、病気になりにくい健康的な体に近づいていくことがきるでしょう。

桑の葉茶

最近、知名度が上がってきた“桑の葉茶”ですが、桑の葉茶の名前は知っていても、その効能や効果はよく知られていないことが多いようです。

そこでここでは、今とても人気を集める“桑の葉茶”について、ご紹介していきます。

桑の葉茶の最大の効能は「便秘改善」だといわれています。桑の葉茶には無数の豊富な栄養成分が含まれていて、ビタミン類、鉄、ミネラル、食物繊維、フラボノイドなどの成分が便秘改善の道を助けます。1カ月間、桑の葉茶を飲み続けて、頑固な便秘が解消された!という方もいらっしゃるんだとか。

野菜不足を感じている方、食生活の乱れを感じている方、不規則な生活をしている方などで便秘にお悩みの方には、オススメのお茶です。便秘になると、体重も増えて、ダイエットが進まない原因にもなりますから、便秘を改善することはとても大事なことです。

また桑の葉茶にはインスリンの分泌を抑制する働きがありますので、脂肪が溜まっていくのを防ぎ、太りにくい体へと導きます。

カリウム成分も豊富ですから、利尿作用を高めて、体内のむくみが起こらないように、スッキリさせてくれる働きもあります。

そして桑の葉茶には、DNJ(デオキシノジリマイシン)という成分も含まれており、これが糖質のカロリーカットをする効果があるといわれていますので、ダイエットに有効であるといえます。

フラボノイド成分は二日酔い予防をしたり、食物繊維成分がメタボや糖尿病を予防してくれますので、桑の葉茶は「健康茶」ということがいえますね。

どくだみ茶

どくだみ茶は、ダイエットをしたい方や、体重が増加して困っている方にピッタリのお茶です。

どくだみ茶は、はるか昔から有名な茶葉で、「十薬」という名も付いているほどです。そしてどくだみに、十薬という名前がついているのにも理由があります。

それはこのどくだみに、人間の体に対して10を超すほどの様々な効能が認められているからです。

例えば「どくだみ」には、デトックス効果、高血圧予防、糖尿病予防、冷え性予防や改善、アトピー性皮膚炎の改善、蓄膿症予防や改善、生理不順改善、生理痛解消、吹き出物、ニキビ、便秘解消、むくみ改善などと様々な効能があるということが分かっています。

ですからニキビを気にする若い世代から、肥満やメタボが気になる中年世代、体力が弱まってくるシニア世代にもよく合うお茶です。家族でどくだみ茶を飲めば、それぞれの年代の、気になる症状を改善してくれるのでとてもよいですよ。

どくだみ茶はこのような優れたどくだみの成分をギュっと凝縮させたお茶なので、毎日飲めば、これらの効用を期待することができます。味は、少しクセがあるという方もいらっしゃいますが、慣れてくればさほど問題はないようです。どくだみ茶は味も良く、長く飲み続けられるお茶です。

そして中でも、どくだみ茶の効用の真骨頂といえば、“デトックス効果”です。どくだみ茶は体の中に溜まった老廃物や毒素を、体外へ出す働きに長けたお茶です。ですから、体質改善をしたいという方にもピッタリのお茶です。

老茶

老茶とは、“らおちゃ”と読みます。

老茶は、何年もの間、寝かせて熟成させたお茶のことです。日本では、陳年茶と呼ばれることもあります。

老茶は長く寝かされたもので、10〜20年以上経過したものもあります。当然、長い年月を過ぎた茶葉には高い値段がつきます。老茶は、茶葉の状態によって焙煎しなおしたり、乾燥させたりと、茶葉を常に最良の状態に保つために手間と時間がものすごくかかるお茶なので「高級茶」として分類されているのです。

老茶は長い間熟成されている分、お茶の中に入っている酵素も非常に豊富だといわれています。そしてこの熟成された酵素が、ダイエットにとても効果的だということも分かってきており、近年は老茶を飲む方も増えつつあります。

老茶の味は、ウーロン茶に似ていてスッキリとした喉通りなので、食事のお供に老茶を一緒に飲むとよさそうですね。飲み始めて、体重・体脂肪ともに減少したという方が後を絶たないそうですよ。

老茶は、そのダイエット効果が高いことから“ダイエットの王様”と呼ばれるほどです。ですから、肥満症やメタボ体型の方には最適なお茶だということがいえるでしょう。

なぜ老茶がダイエットに最適なのかというと、老茶の醗酵段階で生まれるダイエットをサポートする成分である「没食子酸」が、緑茶の25倍も含まれているからです。長い時間茶葉が寝かされている間に、没食子酸が大量に生産され、人間の余計な脂肪分を取り去ってくれます。老茶は、非常にダイエット向きなお茶です。